1. <ol id="hdwsa"></ol>
      <span id="hdwsa"></span>
      <acronym id="hdwsa"></acronym>

        <ol id="hdwsa"><blockquote id="hdwsa"></blockquote></ol>
        1. <track id="hdwsa"><em id="hdwsa"></em></track>

        2. <span id="hdwsa"><output id="hdwsa"></output></span>
          <legend id="hdwsa"></legend>

          地球環境への取り組み

          事業活動の全體を通じて、
          地球溫暖化防止?環境負荷低減に貢獻するため、
          「製品」と「生産活動」の両面から
          環境負荷の低減に取り組んでいます。

          環境方針

          基本理念

          當社は、地球環境の保全を重要課題とする社會の一員として、全ての事業活動を通じて、従業員?地域住民の健康の維持と地球環境の保全と汚染の予防に積極的に寄與します。その行動において、先進性を確保し維持する事を目的として、その達成に努めます。

          基本方針

          わたしたちは、獨創的なものづくりを探究し、世界の人々に信頼される魅力的な商品の提供を通じて、地球社會の発展に貢獻します。その実現のため、グローバルで以下の環境マネジメント活動を行います。

          1. 法令遵守はもとより、利害関係者の要求事項を満たすために自らの責任において環境目標を設定し、その実現に努力する。
            溫室効果ガス、排水、大気、臭気、騒音、振動、廃棄物、有害物質、土壌汚染防止等を含む環境保護に努める。
          2. 組織の全ての領域において、技術的?経済的に可能な限り環境負荷を最小化した事業活動を実踐し、環境パフォーマンスを向上させるため、環境マネジメントシステムの確立及び維持向上並びに継続的改善に取り組む。
          3. 製品とそのライフサイクルの各段階において、省エネルギー、資源の有効利用、化學物質の適正管理及び廃棄物の削減と処理に責任ある行動をとる。
          4. 組織で働く全ての人々の環境意識向上を図るとともに環境保全活動を展開し、広く地球社會に責任を持つ。

          本方針遂行のため、毎期毎に環境目標を定め、法規の要求事項?環境側面?利害関係者の要求等により見直し、再発行をします。
          尚、本方針を掲示等の手段により、組織で働く又は組織の為に働く全ての人々に周知させます。
          又、本方針は、利害関係者の人が入手可能とします。

          2018年4月1日

          環境マネジメントシステムの適用範囲

          當社の環境マネジメントシステムの適用範囲を下記とする。


          1. 組織の外部及び內部の課題を考慮する
          2. 利害関係者のニーズや要求事項のうち順守義務になるものを考慮する
          3. 組織の単位,機能,物理的境界
            以下の事業所に勤める経営層を含む全従業員
            1. 武蔵精密工業株式會社 本社?植田工場
              〒441-8560 愛知県豊橋市植田町字大善39-5
            2. 第一明海工場
              〒441-8074 愛知県豊橋市明海町2-18
            3. 第二明海工場
              〒441-8074 愛知県豊橋市明海町3-29
            4. 工機事業部
              〒441-8074 愛知県豊橋市明海町2-79
            5. 鳳來工場
              〒441-1634 愛知県新城市長篠字山本前10
            6. 鈴鹿工場
              〒513-0827 三重県鈴鹿市大池3-12-16
          4. 組織の活動,製品及びサービス
            自動車産業用精密鍛造サスペンションやステアリングボールジョイント、精密鍛造自動変速機、パワーシャフト部品、自動車産業用カムシャフトの設計製造
          5. 管理し影響を及ぼす,組織の権限及び能力
            本社?植田工場、第一明海工場、第二明海工場、工機事業部、鳳來工場、鈴鹿工場

          環境マネジメントシステムの適用範囲は,文書化されており、利害関係者が入手可能な狀態にする。

          環境マネジメントの體制

          環境マネジメントを効果的に全社に展開するため、中央環境委員會を中心とした體制を定め、全社橫斷的に課題?事案を共有、推進しています。

          環境マネジメントの體制

          環境目標/実績の一覧

          2018年度の環境目標?実績一覧

          2018年は、下記の領域において目標を設定し、環境改善への取り組みを実施しました。

          環境目標?実績一覧

          <達成度凡例> ◎:達成度105%以上、 ○:達成度95%以上~105%未満、 △:80%以上~95%未満、 ×:80%未満

          CO2排出量?原単位の推移
          産量廃棄物排出量?原単位の推移

          グローバル環境
          マネジメント推進の仕組み

          グローバルでの環境マネジメントを推進するため、各拠點でISO14001への適合を基盤とした取組みを進めています。
          また、各種環境データの定量的な把握、環境負荷低減や省エネ関連の技術?施策の共有等の取り組みを進めています。

          グローバル環境マネジメント推進の仕組み
          欧美日韩在线精品视频二区,欧美精品精精品免费视频,亚洲综合欧美在线一区,手机看片高清国产日韩